サイドバーを表示
ヨガマットのお手入れ方法 -オープンセル素材編-

ヨガの練習には欠かせない存在「ヨガマット」
近年ではおうちでのトレーニングでや、ストレッチやフィットネスも使われるシーンが多くなってきています。

使用後は汗や汚れが付着しているのでお手入れが必要ですが、素材によってお手入れの仕方が変わることをご存知でしょうか?
誤ったお手入れを続けると、逆に劣化を早めてしまう危険性も…。

大切に長く使うためには普段からの正しいお手入れが重要です。
今回はオープンセル素材のヨガマットのお手入れ方法をご紹介します。

 

オープンセル素材とは?

 opencell_yogamat

ホットヨガで大活躍するヨガマットとして表面が吸水素材となっているオープンセル素材。
汗などの水分を吸収して、滑りを軽減。密度も高くクッション性も抜群です。
デイリーケアの他、月に1~2回程度ディープケアを行うことで、マットにしみ込んだ汗・匂い・汚れを取ることができます。

 

お手入れ方法(デイリーケア)

1.水で薄めた家庭用洗剤か専用ヨガマットクリーナーをスプレーし、やわらかい布かスポンジでマット全体を拭く。
2.残った水分を乾いた布で拭き取る。
3.直接日光の当たらない風通しの良い場所で、完全に乾燥させる。
4.完全に乾燥したこととを確認したら、ロール状に巻いて保管する。

 

お手入れ方法(ディープケア)

1.バスタブに約4Lの水を入れ、専用クレンザーのキャップ目盛り10mlの量を加える。
2.用意した溶液にマットを沈め、時々マットを動かしながら、5~10分浸す。
3.その後しっかりときれいな水でマットをすすぎ、余分な水分を絞る。
4.丸一日置いて完全に乾燥させる。
5.完全に乾燥したことを確認したら、ロール状に巻いて保管する。

 

⇒更に詳しいお手入れ方法をチェック

タグ:

シェア: